検査設備

IVR-CT (血管造影装置・血栓除去装置)

シャント作成 と 定期的な管理 を行っております。急性閉塞時はこれらの機器による 血管内治療 に対応しております。

マルチディテクターCT (多列検出器コンピュータ断層画像診断装置)

放射線科の専門医による、多断面再構成 や 3次元表示 を用いた画像診断を行っております。

レントゲン (X線画像診断装置)

主に 胸部・腹部 の病変や、加齢などによる変形の状況を確認するために施行します。

消化器内視鏡 (通称:胃カメラ)

連携施設である 「しらかわ診療所」などの 経験豊富な医師 による 上部消化管(食道・胃・十二指腸)と 大腸 の検診を行っております。
検査をお受けになる場合は、事前の予約が必要です。当院受付 まで御相談下さい。

エコー  (超音波画像診断装置)

レントゲン検査では確認できない、靭帯、筋肉、腱、軟骨等の損傷、障害に対し超音波診断装置を用いてより正確に診断します。また炎症性変化の有無も同検査で確認できる場合もあります。

トレッドミル運動負荷装置

虚血性心疾患、不整脈 などの 循環器疾患 の場合、安静時には 胸痛、動悸、息切れ などが発生せず、詳しく診断出来ない場合があります。
当院ではこの トレッドミル運動負荷装置 を使って 患者さん に 坂道を登る、小走り などの 日常動作を再現していただき、その際の 心電図 や 血圧 の変化から 症状 を詳しく診断いたします。